Tap to close

手根管症候群 宇都宮 雀宮 針ヶ谷

手根管症候群 宇都宮 雀宮 針ヶ谷

028-348-3339道案内

手根管症候群 宇都宮 雀宮 針ヶ谷

こんにちは。

本日は手根管症候群について詳しく説明していきます。

手首には、手根骨と靭帯より構成される手根管と言われるトンネルがあります。この中に正中神経と言われる神経が通っており、この神経が親指から薬指を支配しています。

手根管症候群は手根管の中を通る正中神経が何らかの原因で圧迫されることで発症し、親指から薬指の痺れや痛み、親指の筋力低下によりつまみ動作がしにくくなるといった症状が出てきます。

初期症状としては中指のしびれ感を感じることが多く、次第に他の指にもしびれ感が広がっていくことが一般的です。また夜間から明け方に痛みやしびれ感が強くなるため痛みで目が覚めてしまう場合もあります。症状が悪化していくと親指の付け根の筋肉(母指球筋)の筋力低下をきたします。正中神経の圧迫により高度の麻痺になると親指の付け根の筋肉の萎縮が著明になり、親指を開くことができなくなります。そのような状態になると小銭を摘むことができなくなったり、ボタンがうまくかけられなくなったりなど日常生活でも大きな支障が出てきます。

手根管症候群の原因としては、同じ動作の繰り返しによる手の使いすぎや、手首の骨折、手根管の周囲の筋肉のむくみ、手根管内の腫瘍や腫瘤などが挙げられます。仕事やスポーツで手を酷使する方に起こりやすい傾向にあります。更年期や周産期の女性に多く発生するといった特徴がありますが原因は明らかになっていません。

ご自身で確認できる方法としては手首を指などで叩くやり方や両方の手の甲を合わせ手首を深く曲げていくやり方などがあり、どちらも手根管症候群の場合指先に痺れや痛みが出てきます。症状が進んでいた場合人差し指と親指で丸を作れなくなる場合もあります。

 

症状が出た状態で放置してしまうと症状が悪化し治療が長期化してしまうだけでなく、完全な機能回復が得られない可能性もあります。そうならないためにも症状が出た際には早期に適切な治療していくことが大切です。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ